So-net無料ブログ作成
検索選択

ピース又吉 火花の印税はいくら?吉本興業が半分も取っちゃうの!? [芸能]

見事芥川賞を受賞し、今や時の人となったピース又吉さん。

「火花」の印税は、いったいいくら入るのでしょうか?





CMのギャラなどは高騰し、さらにサイン入りの「火花」は

オークションで10倍以上の高値が付くと話題になっています。



一部では、あのガメツイ吉本興業に「火花」の印税を

中抜きされるという噂もありました。



果たして、その真相は!?



スポンサードリンク







ピース又吉「火花」の印税はいくら入る?




さて、ピース又吉さんの芥川賞受賞作「火花」の印税は、

いったいいくらになるのでしょうか?



すっごく気になりますね!





大手出版関係者が明かした情報によると、7月16日現在で

64万部出ている「火花」の現在の印税収入は、

約8,300万円ほどになるそうです。



・・・が!

作者であるピース又吉さんに入るのは、約4,000万円

ナント、所属事務所である吉本興業が、4,300万円

ブン取っちゃうんですって!



えっ? 何で? 何で? 何で?



ピース又吉さんは、確かに吉本興業所属のお笑い芸人ですが・・・

作家としての収入も、吉本興業に押えられちゃうということ!?



個人的には、全く納得出来ないんですけど!



スポンサードリンク







そして現在、「火花」の版元である文芸春秋は、

7月17日の営業会議で、40万部増刷を決定しました。



ということは、累計で104万部になるということですね。



印税も、もちろん上がります。

1億円以上?



その分、吉本興業の取り分もスゴイことに・・・!

(ガメツイ吉本興業、これはもうウハウハ?)



芥川賞受賞で、ピース又吉さんが今後出演するCMやテレビ出演は

更に増えることになると思います。



そして、ギャラも高騰するでしょう。



これに関しては、吉本興業にも正当な権利があると思います。



しかし、「火花」の印税が、吉本興業を経由してピース又吉さんに入るのは

間違いないようですから、実際に吉本興業とはそういった取決め(契約)を

前もってしているのでしょう。



でなければ、本人も納得はいかないハズ!



以前、「B&B」の島田洋七さんが、自著「がばいばあちゃん」

収益の帰結を巡って、吉本工業とと衝突したことがありました。





この「がばいばあちゃん」は、小説の売上だけで21億円強(×10%前後の著者印税)、

メディア展開分の権利料なども合せると、相当スゴイ金額になりそうですが、

「がばいばあちゃん」が売れたのは、「自分が地道にサイン会などの活動を続けてきたから」

と言う島田洋七さんと、

「色々ととサポートして来た」と主張する吉本興業で、平行線を辿りました。



結果、島田洋一さんは吉本興業を退社したのです。



それにしても、ピース又吉さんの「火花」の半分以上の印税を

持って行ってしまうのは、いかがなものでしょうか?



やっぱり、納得はいきませんね。



以上、

「ピース又吉 火花の印税はいくら?吉本興業が半分も取っちゃうの!?」

という話題をお届けしました。



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。