So-net無料ブログ作成

亡き父のための「父の日」の花は何を贈れば供養になるでしょう? [行事]

「父の日」は、6月の第三日曜日です。



ということは・・・

2015年の「父の日」は、6月21日ですね。



今回は、亡き父のための「父の日」の花は、何を贈れば一番の供養に

なるのかということについて、書いていきたいと思います。



スポンサードリンク







父の日に贈る花の定番はバラ!亡き父に贈る場合は・・・




「母の日」には、カーネーションを贈る・・・というのは、

今さら口にするのもヤボッたいほどよく知られていますが、

「父の日」に贈る花が、バラだということはご存じですか?



大体にして、花を贈る以前に「母の日」ほど重要視されていないのが

「父の日」ですよね。

(お父さん、ごめんなさい!)



なので、知らないという方も多いのではないかと思います。



ちなみに「母の日」のカーネーションの色は、お母さんが健在ならば「赤」、

お亡くなりになっている場合は「白」だと言われています。


カーネーション.jpg


そして「父の日」のバラも、お父さんが健在ならば「赤」、

お亡くなりになっている場合は、やはり「白」ということになっているようですね。



赤いバラの花言葉は“愛情”で、白いバラの花言葉は“尊敬”。



「父の日」には、亡きお父様のために、お墓や仏壇に白いバラを

お供えしてみてはいかがでしょうか?



きっと良い供養になると思いますよ。



スポンサードリンク







アメリカでは「父の日」に黄色いバラを贈る?




「父の日」にバラを贈るようになったのは、こんな経緯があります。



1909年、ジョン・ブルース・ドット夫人が、

「母の日があって、父の日がないのはおかしい!」

と、「父の日」を制定するように、牧師教会へ嘆願したのです。



7年後の1916年、「父の日」がアメリカで認知されるようになり、

国民の祝日として制定されました。



そして、ドット夫人が亡き父のお墓に白いバラを供えたことが、

父の日=バラを贈る

となりました。



それが日本にも伝わったということですね。



ところで、お父様が健在ならば「赤」とお伝えしましたが、

これは日本では・・・ということのようです。



実はアメリカでは、「父の日」には黄色いバラを贈るのが

主流になっています。


バラ.jpg


最近では、日本でも黄色いバラを贈ることが多くなったようですが、

これは日本ファーザーズ・デイ委員会が「父の日」のイメージカラーに

黄色を使っているのが一因のようですね。



確かに・・・

個人的に、うちの父にバラを贈るとしたら、

やはり「赤」より「黄色」の方がいいかなと思っています。

(赤いバラなんて、絶対に似合いません!)



最後に、亡き父のための「父の日」の花は、何を贈れば

一番の供養になるかと考えた時・・・



やはり白いバラも素敵だと思いますが、お父様が特別好きだった花があれば、

やはりそれをお供えしてあげるのがベストだと思います。



ちなみに私の父は、

「もし自分が死んだら・・・その辺で摘んだ素朴な花でいいんだよ。

 供えてくれるだけで、充分ありがたいと思うから」

と言っていました。



そんな風に言われてしまうと、思わずウルッときてしまいますね。

今年の「父の日」には、まだまだ元気で過ごしてもらえるようにと願いを込めて、

ちょっとフンパツして赤と黄色のバラを贈ってみましょうか。



スポンサードリンク




2015年7月の土用の丑の日はいつ?実は年に4回以上もあった! [行事]

今年・2015年7月の「土用の丑の日」は、いつでしょうか?



私の中では、“うなぎを食べる日”として定着していますが、

やっぱり“夏”というイメージも強いですね。



ところで、この「土用の丑の日」・・・

実は夏だけでなく、年に4回以上もあるって、知っていましたか?



スポンサードリンク







2015年7月の土用の丑の日はいつ?




それではまず、2015年7月の「土用の丑の日」をご紹介しておきましょう。



7月24日(金)です。



ちなみに、8月もあるんですよ。

8月は5日(水)になりますね。



ここで“土用”についての解説をしておきますと、

暦の立春・立夏・立秋・立冬の直前約18日間の期間のことを指します。



またその中で、十二支が丑の日を「土用の丑の日」と言うんですね。



「土用の丑の日」は、年に平均6.09日あるそうです。



ただ一般的には、立秋直前の夏の土用を指すことが多く、

この夏の「土用の丑の日」にうなぎを食べるという習慣があるわけですね。



2015年の「土用の丑の日」をまとめて記載しておくと、



  春:4月19日(日)、5月1日(金)

  夏:7月24日(金)、8月5日(水)

  秋:10月28日(火)



という日にちになります。



そして、夏土用の7月24日は“一の丑”、8月5日は“二の丑”ということですね。



ついでに、2016年の「土用の丑の日」もご紹介しておきますね。



  冬:1月20日(水)、2月1日(月)

  春:4月25日(月)

  夏:7月30日(土)

  秋:10月22日(土)、11月3日(木)



スポンサードリンク







夏の土用の丑の日にうなぎを食べるのはどうして?




以下の写真は、私が数年前の夏に浅草の老舗のうなぎ屋

「小柳」というお店で食したうな重ですね。


うなぎ.jpg


残念ながら「土用の丑の日」ではなかったのですが、

暑い夏に負けないように、スタミナをつけよう!と

友人と出かけて来ました。



炎天下の中、並んだのを憶えています。



でもその甲斐あって、ようやくいただけたうなぎは

大変美味しかったですよ♪



うなぎは昔から、滋養強壮にいいとされています。

万葉集にも、「夏痩せするなら、うなぎを食べろ」と

大伴家持が知人に勧める歌が載っているくらいなんですよ。



「土用の丑の日」にうなぎを食べるようになったキッカケは、

諸説がありますが・・・



やはり一番有名なのは、江戸時代の蘭学者・平賀源内が、

夏場、うなぎが売れずに悩んでいたうなぎ屋の主人に

助言をしたという、あの話でしょうか。



丑の日に「う」のつくものを食べると、夏負けしないという

言い伝えがあります。



「う」のつく食べ物と言うと、梅干しとか、瓜とか、うどんとか。



平賀源内は、この「う」のつく食べ物と“うなぎ”を上手く結びつけて、

うなぎ屋の店先に「本日は土用の丑の日」という

看板を出したということですが、これが当って大繁盛!



物知りの平賀源内が言うことならと、他のうなぎ屋もこれを真似て、

「土用の丑の日にはうなぎを食べる」という風習が徐々に定着して

いったということです。



正直、私はうなぎが大好きというわけではありません。

それでも、夏の「土用の丑の日」にはうなぎを食べないと、

飲まなければいけない薬を飲み忘れたような気分になります。



「土用の丑の日にうなぎを食べると薬になる」

という平賀源内の言葉が、しっかりとインプットされてしまったようですね。



2015年7月24日も、バッチリうなぎを食べたいと思います!



スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。